敏感肌には敏感肌専用のコスメを

敏感肌の場合、市販されている化粧品を使うとほとんどの場合肌が荒れてしまいます。
原因は化粧品に含まれているさまざまな科学成分。
敏感になっている肌はちょっとした化学物質にも過敏に反応して肌が赤くなってしまったり、酷くなると蕁麻疹が出てしまいます。

 

しかし、化粧品に含まれている化学物質はメイクを綺麗に仕上げるために必要な
成分ですから敏感肌用の無添加化粧品や化学物質不使用の化粧品と比べると
やはりメイクが綺麗に仕上がりますし値段も安いです。
敏感肌といっても、外出時や仕事のときにスッピンというわけにはいきませんから
肌が荒れつつもだましだまし使っている方が多いです。

 

敏感肌に刺激をあたえる化学物質とは

  • 防腐剤
  • 敏感肌に刺激をあたえる代表的な物質はメチル、エチルパラベン、
    フェノキシエタノールといった防腐剤です。
    新品で購入して開封するまでの化粧品は無菌状態なので
    品質が劣化することはありませんが、開封して空気に触れたり手が触ることによって
    雑菌が入り、どんどん繁殖して品質が劣化してしまいます。
    これを防ぐために含まれているのが防腐剤です。

     

    それじゃあ防腐剤が入っていない化粧品を買い求めれば良いのではないかと
    思う方もいらっしゃるかもしれませんが、防腐剤の入っていない化粧品は皆無です。

     

  • 泡立ちをよくする成分
  • ジエタノールアミン(DEA)やトリエタノールアミン(TEA)といった化合物は
    洗顔料などに含まれることが多く、泡立ちをよくする効果があります。
    洗っているときに泡立ちが良いほうがよく洗えている感があるかもしれませんが、
    実際にはそんなことはありません。

     

    この成分は長時間体に吸収され続けると有害です。
    動物実験では癌を発症した事例もあります。

     

  • 香料
  • メイク効果を得るための成分には元々香りがついていません。
    見栄えを良くするために香料や着色をしている化粧品がほとんどなのですが、
    香料や着色料はアレルギー症状を引き起こしやすい物質です。

     

    さらに、成分欄を見てみるとわかりますが、香料としか書かれておらず
    どんな香料が使われているかわからない場合が多いので
    香料が原因で肌が荒れたとしても原因となる香料の物質がわかりません。

 

敏感肌でも上手に化粧品を使うためには

上記であげた保存料や香料は
基礎化粧品・整髪料・洗顔料・日焼け止め・歯磨き粉 など
日常で使用するほとんどのものに使用されています。

 

敏感肌の症状は人それぞれ個人差があるものですから、
人が良いと言っているものが必ずしもあなたにも合う確証がないのです。

 

できるだけ評判の良いものを実際に使用してみて、
「自分の肌には合う」化粧品をみつけましょう。