敏感肌 化粧品 アイシャドウ

敏感肌 アイシャドウ

アイシャドウを楽しむための、肌の見極め

目の周りは唇の周りと同じように肌が薄くて敏感です。
アイメイクが原因で赤いポツポツができてしまったことや、かぶれてしまったことはかなりあります。
アイシャドウも同じで、合わないものを選ぶとすぐに荒れてしまうのが悲しい現実です。

 

アイシャドウは気分によって色を選んだりできるので、お化粧をしていてかなり楽しい部位だと思います。ですがどれだけ楽しんでも、後で荒れてしまっては意味がありません。
私の場合はアイシャドウベースを使うことによって幾らか軽減されました。
発色がよくなるのは勿論ですが、アイシャドウベースを薄く塗る事によって直接アイシャドウが肌に着く事がなくなるため安心です。
目の周りは既に化粧下地等も使っているのでアイシャドウベースは本当に軽く薄めに塗るのがポイントです。

 

それでも調子が悪い日なんかは目の周りがかゆくなってしまったりするので、今日は駄目そうだなと思ったら潔く諦めてシンプルにアイラインとマスカラだけで終わらせることもあります。
敏感肌の人はこの思い切りが大事なのかもしれません。
駄目な日に無理をしても悪化するだけなので、その日の肌のコンディションをよく見極めて、肌に無理をさせないようにするのが一番楽しくお化粧をできる方法だと思います。